「ラーメンの鬼」の最期の味に殺到

「ラーメンの鬼」の異名で知られ、昨年4月に亡くなったラーメン店「支那そばや」創業者・佐野実さんが病床で書き綴った「最期のレシピ」を元に作ったカニチャーハンが、17日都内で行われた1周忌イベントで販売されたそうだ。
イベントは1日限定で佐野さんの弟子・菊地智さんが経営するラーメン店「支那そば孤高」で行われたとのこと。午前11時の開店前には約50人が行列を作り、多くのファンが佐野さんを偲んだ。
昨年4月11日に佐野さんが亡くなる前に、病床で弟子のために震える手で書き綴った「
カニチャーハンのレシピ」。1周忌を終えた今年4月、佐野さんの妻・しおりさんは「最期まで弟子のことを考え続けていた佐野の想いを知ってほしい」と1周忌イベントで具現化し販売することを決めたそうだ。
食材に人一倍こだわった佐野さん。カニチャーハンはレシピ通りに北海道羅臼町産タラバガニ、名古屋コーチン、九条ネギを使用したとのこと。「孤高」の醤油ラーメンとセットの1500円で販売されたそうだ。
この日、午前11時の開店前に店頭には”追悼の1皿”を求めて50人以上の行列ができていた。しおりさんは店頭の行列が午後になっても長く続く様子を見ながら、「お客さんが佐野のことを忘れていなくてよかった」と安堵していたという。今後、カニチャーハンの単品販売を含めレギュラーメニュー化を検討するとのこと。
鬼が残したチャーハンはやさしい味で、これまでに味わったことの無いような「フワフワ感」を堪能できたという。天国の佐野さんもきっと喜んでいることだろう。

ドラクエ8、3DSで発売

人気RPGドラゴンクエストシリーズの「ドラゴンクエスト8 空と海と大地と呪われし姫君」がニンテンドー3DS用に8月27日に発売されるそうだ。
ドラクエ8は2004年にPS2向けに発売されたRPGで、360万本以上を出荷するなど大ヒットした。3DS版では新シナリオが追加され、新しい仲間として女盗賊のゲルダ、モンスター・バトルロード主催者のモリーが加わるそうだ。またイベントシーンはすべてボイス対応となり、すれ違い通信機能にも対応するとのこと。
スマホゲームの定着とともにコンシューマーゲームが苦戦する中、大ヒット作のリメイクがどこまで売れるのか注目される。それにしてもスクエア・エニックスでは最近ドラクエ、FFシリーズ共に新作よりもリメイクの方が多く出ている気がする。かつては社会現象にまでなった大ヒットシリーズなだけに、ファンの期待値が高まりすぎて過去の作品を超えることは難しいのだろうか?

ネパール大地震の影響でエベレストが低くなった?

大きな被害をもたらした、ネパールの大地震。
2015年4月25日、ネパール中部で起きたマグニチュード7.8のネパール大地震。
死者の数は7000人を超え、1万4000人以上の人がけがをした。
そして、この大地震の影響でエベレストが2.5センチ低くなっていたことが判明した。
地球物理学を研究する、非営利団体のコンソーシアムによれば、4月25日にネパールで発生した大地震の影響で世界最高峰のエベレストの高さが低くなった。
エベレストが低くなった原因は、地盤にかかっていた圧力が、今回の地震で減少したためであるとのこと。
地震と山は密接な関係であることが証明された。

スマホの自分撮り機能

スマートフォンメーカー各社が「自分撮り」の機能強化でしのぎを削っているそうだ。ディスプレイで各人しながら自ら撮影し、SNSや動画投稿サイトに投稿する利用者が増えているためだ。各社はディスプレイ側にある前面カメラの精度を高めたり、手の動きを認識してシャッターを切る独自機能を搭載したりして顧客の取り込みを図っているという。
自分撮りはデジカメの性能が向上した2000年代以降に流行した。10年代に入ると、写真を投稿するSNS「インスタグラム」の普及などが追い風となって、自分を中心に風景などを撮影する人も増えた。英オックスフォード辞典が13年、英語で自分撮りを意味する「セルフィー」を「最も注目を集めた言葉」と認定したこともあり、世界で市民権を得た。
ソニーモバイルコミュニケーションズから今夏発売される新モデルは510万画素と高性能のカメラだ。またビデオカメラの手ぶれ補正技術を応用して、走りながら自分撮りをしても鮮明に映る技術も搭載。
サムスンが発売した「ギャラクシーS6」は、カメラに手を振るとセルフタイマーが作動してシャッターが下りる機能が備わっている。手のひらを認識する技術を応用したとのこと。
手のひら認識機能では韓国のLG電子が4月に発表した「LG G4」も、手を「グー、パー」と握り開くと自動シャッターが切れる「ジェスチャーショット」を搭載。日本市場への搭載も検討しているとのこと。
スマホメーカーはディスプレイの向こう側を撮影する背面カメラの性能を競走してきたが、背面カメラの技術向上の余地が小さくなった。こうした中で「セルフィー文化」が広がり、スマホの動向に詳しいMM総研の横田英明氏は「消費者が前面カメラの性能を重視するようになった」と分析する。スマホメーカーも「自分撮り機能が端末の売れ行きを左右する状況」と見ており、あの手この手で関心を引き付けようとしているようだ。

シアトルにある「カールじいさんの空飛ぶ家」

2006年に、ショッピングモール建設のため100万ドルでの立ち退きを求められながらも、家族の思い出の残る家を手放すことに最後までOKを言わなかったエディス・マキフィールドさん。その後、ショッピングモールはそのままン状態でぐるりとエディスさんの家を3面取り囲むような形で建設されました。そんなリアルな「カールじいさんの空飛ぶ家」が現在、売りに出されています。
2008年にエディスさんは87歳で亡くなりました。この家を任された、ショッピングモールの工事責任者で、友人にもなったバリー・マーティンさんは2009年にこの家を売却をし、とある会社がこの家を購入。しかしその会社は、負債を抱え、この家を売りに出さざるをえなくなったそうです。
この家は「カールじいさんの空飛ぶ家」の公開時には、たくさんの風船を付けて宣伝に使われ、たちまち有名になりました。
果たしてこのリアル「カールじいさんの空飛ぶ家」はどうなるのでしょうか。

男性にもある更年期障害

何だか体調が優れない、やる気が出ない、といった症状がある場合は、それは男性更年期障害(LOH症候群)の可能性があるそうだ。ホルモンバランスの崩れによる更年期障害は女性のみならず男性にもあることが近年明らかになっているそうだ。
男性ホルモンのテストステロンは加齢とともに減少する。その影響が心身に表れる人が増えるのは40歳前後からだそうだ。LOH症候群の男性は日本に約600万人いるという。
男性ホルモンはストレスでも低下するそうだ。そのため40歳前後に昇進や子供の教育問題、親の介護などが重なり、発症する人も多いとのこと。具体的にはメタボ、ED、うつ病などの症状が表れ、各種病気のリスクも高まることで死期が早まるほか、精神面が不安定になることで離婚に至る例もあるそうだ。
しばしば疲れを感じる、関節や筋肉が痛む、筋力の低下なども男性更年期障害に多く見られる症状の一つだそうだ。男性ホルモンのテストステロンには筋肉を増強する役割もある。そのため男性更年期障害によりテストステロンが減少すれば、筋肉は自然と落ちていき、疲れのたまりやすい身体になる逆に筋肉量を増やしておくことは男性更年期障害の予防にもなる。また筋肉量が減れば、基礎代謝も低下するので太りやすくなる。歳のせいだと思っているものも、実は男性更年期障害のサインかもしれないのだ。
また男性ホルモンの低下は動脈硬化も促進してしまう。そのまま動脈硬化が進行すれば心筋梗塞や脳卒中のリスクも高まってくる。そのため「心臓がバクバクする」といった症状も男性更年期障害の兆候のひとつ。また女性の更年期障害に多く見られる体のほてりや、のぼせからくる集中力低下などは男性の更年期障害でも見られるそうだ。
中には心臓の病気と診断され、病院をたらい回しにされる人もいるそうだ。心臓の異常が他の症状と併発している場合は男性更年期の治療をしているクリニックに行くことをおすすめする。

世界最強パスポートはどの国?

明日からゴールデンウィークも本番。ゴールデンウィークを海外で過ごす方も多いのではないでしょうか。
その出国の際に必要になるのが、パスポートです。
意識したことがある方は少ないとは思いますが、実は「ビザなし渡航できる国の数」はパスポートごとに違うんです。
それぞれの国ごとのパスポートの「強さ」をまとめたランキングによりますと、日本はビザなしで143カ国に渡航が可能。
デンマークやシンガポールなどと並ぶランキング8位という結果でした。
最強パスポート1位は、147ヵ国のアメリカとイギリス。世界の7割の国に、自在に入国できるパスポートということになります。
アジア1位に輝いたのは、日本ではなく韓国。韓国のパスポートは145ヵ国にビザなしで入国可能とのこと。
因みに近隣諸国の中国は74ヵ国。いかがでしたでしょうか?なかなか優秀な日本のパスポート。
そんなパスポートを持って、海外に飛び回ってみてはいかがでしょうか?

Windows10、iOSアプリ対応へ

米Microsoftが4月29日に開かれた「Build 2015」で、AndroidおよびiOSアプリをWindows10に移植しやすくすると発表したそうだ。Android/iOSアプリ用の新SDKを使うことで、アプリを「ユニバーサルアプリ」に移植し、Windows Storeで公開できるとのこと。つまりWindows搭載スマートフォンだけでなく、PCでもiOSやAndroidのアプリが使えるようになるというのだ。
JavaとC++で構築したAndroidアプリは、そのコードをほぼそのまま流用できるそうだ。開発者は既存のコードとAndroidのAPIに置き換わるWindows APIを使って、ライブタイルやWindowsの検索に対応するWindows10のユニバーサルアプリを簡単に作れるとのこと。Build 2015では、Android版のホテル検索アプリをWindows10に移植したものでデモを見せたそうだ。Android版と同じ機能が使えるが、ホテルの検索にはWindowsのlocation APIを使っているとのこと。Windows端末のキーボードやバックボタンにも対応し、ライブタイルとしてホーム画面に登録できるそうだ。
同社は英ゲームメーカーのkingと協力し、既にiOS版の人気ゲーム「キャンディークラッシュ」のWindows10版が完成しているという。kingはこのほかのゲームの移植も進めており、間もなく公開するとのこと。PCでスマホのアプリを使用出来ることにどれだけのメリットがあるのかは分からないが、Windows10の目玉として公開している情報としては少し魅力に欠けるような気がする。