一つ星ラーメン、一部休業

「ミシュランガイド東京2016」でラーメン店として世界で初めて1つ星を獲得した東京都豊島区巣鴨の「Japanese Soba Noodles 蔦(つた)」は、2015年12月16日、2号店の「蔦の葉」を年内で休業すると発表した。本店を火曜だけ別の屋号の「味噌の陣」としていた営業も休業するそうだ。店主の大西裕貴さんはブログで「人手不足もありますが、苦情も多く、巣鴨から蔦グループは撤退を考えて今の結論に至りました」と説明。これまでも長い行列に周辺から苦情があったことをたびたび書いていたという。
「Japanese Soba Noodles 蔦」の1つ星獲得が発表された12月1日よりも前から雑誌やテレビにたびたび取り上げられ、2時間待ちも珍しくない人気店だったそうだ。「蔦の葉」も2014年6月の開店直後から大きな話題を集めていたという。
その反面、店がマンションの1階にあることから行列に対して近所からの苦情も多かったようだ。11月30日、大西さんはツイッターで「最近注意を多く受けます」と明かしていた。行列客が道路に出ないよう店舗内で管理することを求められたという。「オープン当初からいろいろと言われたことをやってきましたが、もう難しいかもしれません」「この場所に蔦がある限り不満は尽きないと思います」とも投稿していたという。
その後、整理券を配るなど対策を取っていたが、休業を発表した12月16日のブログにも「毎日のようにご意見の電話があり、それに対しても現在もいろいろとやっております。一つ改善すればまた新しいことを言われ続けていくものなのかもしれません」と苦情の多さに悩んでいたようだ。
ツイッターやネットには休業を惜しむ声がある一方、「前に2時間近く並んで食べに行ったからなぁ。マンションの入り口ふさいじゃってたからね」「とにかく行列できすぎだし、マンションの踊り場に並ぶのが良くなかったんだろうなー」という見方もあるようだ。
人気が出て行列などで周辺との問題が起きた店は他にもあるという。東京都品川区大崎の住宅街にあったつけ麺の人気店「六厘舎」は、行列問題が解決できず2010年8月に一度閉店しているそうだ。
大西さんは12月17日にツイッターで「あとミシュランのせいではありません!!!むしろ両店とも名誉の受賞をいただいた気持ちです!」とも書いているという。
ミシュランで大きく取り上げられてより注目を集めてしまったことは嬉しい反面、こうした苦労もあるのだな。