15歳の少女と結婚した70歳の男性が「だまされた」

サウジアラビアで70歳の男性と15歳とされる少女の結婚をめぐり、争いが持ち上がっているそうだ。結婚したばかりの妻に逃げられた男性は、少女の家族に支度金として多額をだまし取られたと主張して、当局に被害届を出したという。
男性は8日、CNNの取材に対して、少女の家族が少女を連れ戻したと主張。家族にはすでに米ドル換算で2万ドル相当を支払っていたと話し、「彼女は15歳だとみんなが言っているが、本当は25歳で、自分のことは自分で決められる年になっている。あの家族にだまされた」と怒りをぶつけたそうだ。
一方、人権団体によると少女は10代で、男性とけんかをして両親のもとへ戻ったとみられるという。少女はイエメンとの国境に近い南西部ジザン州の出身。同団体は現地の裁判所に調査員を派遣し、もし男性との結婚に対して異議申し立てが必要になった場合は少女の一家を支援する方針だという。
ただ、別の人権団体の関係者は、年齢差や結婚に至った状況を問題視し、「年齢に大きな開きがあることを考えると、結婚と言うよりも少女が人身売買されたとみるべきだ。少女の両親の責任を問う必要がある」と話しているという。
サウジアラビアには結婚できる最低年齢を定めた法律が存在しないそうだ。人権団体は18歳未満の結婚は裁判所の同意を条件とすることを提案する一方、超保守派の宗教家などはそうした法律の制定に反対しているという。
15歳の少女を妻にもらう70歳の男性もどうかと思うが、嫁がせた両親にも問題があるように思える。何が真実なのだろうか?