声で心の状態を分析するアプリ

声は心の状態を映し出す鏡だそうだ。ちょっとした会話で、微妙な変化に気づくこともある。スマートフォンで話すだけで、心の状態をチェックできるアプリができたそうだ。自覚しにくいストレスや心の不調に気づくきっかけにできるかもしれないという。
東京大学職員の大嶋紗幸さんは、職場が変わったのを機にアプリ「MIMOSYS(ミモシス)」を使い始めたそうだ。1日数回、スマートフォンで友人や仕事相手と会話した後、アプリを開き、通話時の心の状態を示す「元気圧」をチェックする。
元気圧は、通話で発した声を一つずつ解析し、通話全体でどのくらい元気だったかを「HIGH(高い)」「NORMAL(普通)」「LOW(低い)」の3段階で表示するそうだ。本人もやりにくい、自分の心の状態が一目でわかるという。
「相手によって元気圧が違うのが面白い。元気圧のグラフが右下がりの時は、仕事量を減らしたり、睡眠を十分にとったりして、体調管理にも役立てています」と大嶋さん。
このアプリは、同大特任准教授の徳野慎一さんと同特任講師の光吉俊二さんらが開発したそうだ。
脳はストレスを受けると、神経を通じて声帯にシグナルを送る。緊張すると、声が上ずったり、固まったりするのはこのためだという。ミモシスは、自分でコントロールできない不随意の変化を声の周波数の変動パターンから解析。感情を「平常」「喜び」「怒り」「哀しみ」の4グループに分け、それぞれの感情成分が声にどれくらいの割合で含まれているかを計算するとのこと。
1回の通話ではその時の状態しか測定できないが、3回以上通話すると、長期的な心の元気さが「活量値」という数値で表示される。履歴はグラフで確認できるそうだ。
徳野さんは「心の状態を『可視化』すれば体調管理やうつなどの心の病の予防に役立つ。1回ごとの数字ではなく、傾向を捉えることが大切」とアドバイスする。
声で心の状態を分析できるのは便利だ。スマホのアプリで使えるというのも手軽でいい。現代社会ではストレスを抱えている人も多いので、こうしたアプリを活用して心や体調の管理をしていきたい。

半蔵門線がベビーカー挟んで発車

東京メトロ半蔵門線の九段下駅で、ドアにベビーカーを挟んだまま電車が発車する事故があった。ベビーカーは破損したが、子どもは乗っていなかったため、けが人はいなかったという。
東京メトロによると、発生時刻は4日午後3時。10両編成の中央林間発押上行き電車の6両目に、ベビーカーを押した男性が乗り込もうとしたところドアが閉まってしまった。ベビーカーの前輪付近がドアに挟まり、そのまま発車した。ベビーカーは引きずられる形で線路に転落。ベビーカーには当時子どもはのっておらず、同行の女性と車内に乗り込んでいた。。
原因は、最後尾の車掌による発車前の確認不足。さらに、発車後に車内の非常ボタンが押されたが、電車は緊急停止させずに運行していたという。通常異常があると、ドアが自動で開くが、今回は挟まった部分が細くドアは異常を検知できなかったとみられる。
同社は「安全確認を行うよう乗務員への指導を徹底します」とコメントしている。
けが人がでなくてよかったが、確認さえきちんとされていれば防げた事故だった。

東尾理子、第2子女児を出産

俳優・石田純一の妻でプロゴルファーの東尾理子が3月24日、第2子となる3678グラムの女児を出産した。
この日、東尾理子は自身のブログで報告しました。
「新しい家族の誕生」のエントリーで東尾は出産を報告するとともに「TGPの生活の中、そして妊婦期間中を温かく見守り、応援、励まして下さった皆様、本当にありがとうございました」と感謝の気持ちを綴りました。
「現代の医療で新しい命を授かる事が出来たこと、母子ともに元気で出産を終えられたこと、たくさんのキセキに感謝の気持ちで胸がいっぱいです」と喜びと感謝の気持ちをつづりました。

15歳の少女と結婚した70歳の男性が「だまされた」

サウジアラビアで70歳の男性と15歳とされる少女の結婚をめぐり、争いが持ち上がっているそうだ。結婚したばかりの妻に逃げられた男性は、少女の家族に支度金として多額をだまし取られたと主張して、当局に被害届を出したという。
男性は8日、CNNの取材に対して、少女の家族が少女を連れ戻したと主張。家族にはすでに米ドル換算で2万ドル相当を支払っていたと話し、「彼女は15歳だとみんなが言っているが、本当は25歳で、自分のことは自分で決められる年になっている。あの家族にだまされた」と怒りをぶつけたそうだ。
一方、人権団体によると少女は10代で、男性とけんかをして両親のもとへ戻ったとみられるという。少女はイエメンとの国境に近い南西部ジザン州の出身。同団体は現地の裁判所に調査員を派遣し、もし男性との結婚に対して異議申し立てが必要になった場合は少女の一家を支援する方針だという。
ただ、別の人権団体の関係者は、年齢差や結婚に至った状況を問題視し、「年齢に大きな開きがあることを考えると、結婚と言うよりも少女が人身売買されたとみるべきだ。少女の両親の責任を問う必要がある」と話しているという。
サウジアラビアには結婚できる最低年齢を定めた法律が存在しないそうだ。人権団体は18歳未満の結婚は裁判所の同意を条件とすることを提案する一方、超保守派の宗教家などはそうした法律の制定に反対しているという。
15歳の少女を妻にもらう70歳の男性もどうかと思うが、嫁がせた両親にも問題があるように思える。何が真実なのだろうか?

オペラの歌声を叫び声と勘違い

28日、オランダの首都アムステルダムで警察に「苦痛の叫び声が聞こえた」と通報があった。警察はアパートの入り口を破って突入したが、そこにいたのはオペラを歌っている男性だったという。 
警察はDVが発生したと勘違いして現場に急行したそうだが、フェイスブックの投稿をみると、歌手の隣人が恐ろしい叫び声が聞こえたと通報したとのことだった。
現場にいたのは、そのアパートに住むオペラ歌手の男性とされる。彼はヘッドホンをつけて、オペラの曲を歌っていた。
アパート入口を破って突入した警察らは、ことの顛末が分かって全員が笑い出したという。
オペラ歌手の男性には、おとがめは特になかったそうだ。
歌だけでなく曲全体が聞こえていれば勘違いはされなかっただろうか。歌手というからには歌が下手なわけでもないと思うが男性も警察も通報者も驚いたと思う。

一つ星ラーメン、一部休業

「ミシュランガイド東京2016」でラーメン店として世界で初めて1つ星を獲得した東京都豊島区巣鴨の「Japanese Soba Noodles 蔦(つた)」は、2015年12月16日、2号店の「蔦の葉」を年内で休業すると発表した。本店を火曜だけ別の屋号の「味噌の陣」としていた営業も休業するそうだ。店主の大西裕貴さんはブログで「人手不足もありますが、苦情も多く、巣鴨から蔦グループは撤退を考えて今の結論に至りました」と説明。これまでも長い行列に周辺から苦情があったことをたびたび書いていたという。
「Japanese Soba Noodles 蔦」の1つ星獲得が発表された12月1日よりも前から雑誌やテレビにたびたび取り上げられ、2時間待ちも珍しくない人気店だったそうだ。「蔦の葉」も2014年6月の開店直後から大きな話題を集めていたという。
その反面、店がマンションの1階にあることから行列に対して近所からの苦情も多かったようだ。11月30日、大西さんはツイッターで「最近注意を多く受けます」と明かしていた。行列客が道路に出ないよう店舗内で管理することを求められたという。「オープン当初からいろいろと言われたことをやってきましたが、もう難しいかもしれません」「この場所に蔦がある限り不満は尽きないと思います」とも投稿していたという。
その後、整理券を配るなど対策を取っていたが、休業を発表した12月16日のブログにも「毎日のようにご意見の電話があり、それに対しても現在もいろいろとやっております。一つ改善すればまた新しいことを言われ続けていくものなのかもしれません」と苦情の多さに悩んでいたようだ。
ツイッターやネットには休業を惜しむ声がある一方、「前に2時間近く並んで食べに行ったからなぁ。マンションの入り口ふさいじゃってたからね」「とにかく行列できすぎだし、マンションの踊り場に並ぶのが良くなかったんだろうなー」という見方もあるようだ。
人気が出て行列などで周辺との問題が起きた店は他にもあるという。東京都品川区大崎の住宅街にあったつけ麺の人気店「六厘舎」は、行列問題が解決できず2010年8月に一度閉店しているそうだ。
大西さんは12月17日にツイッターで「あとミシュランのせいではありません!!!むしろ両店とも名誉の受賞をいただいた気持ちです!」とも書いているという。
ミシュランで大きく取り上げられてより注目を集めてしまったことは嬉しい反面、こうした苦労もあるのだな。

野球侍ジャパン、韓国に圧勝

世界一を目指す、侍ジャパンが投打にわたって、強敵である韓国を圧倒して白星発進をしました。
2回に平田良介の適時打などで2点を先制した侍ジャパン。
5回にも平田の適時打に続き、6回には坂本勇人のホームラン、8回には山田哲人の適時打で着実にリードを広げました。
投げては先発の大谷翔平投手が6回を2安打無失点、10奪三振の好投で抑えました。
その後も7、8回を則本昂大、9回を松井裕樹が好投を見せ、見事無失点に抑えました。
侍ジャパンの大谷翔平、山田哲人、韓国の朴炳鎬、李大浩ら注目選手が登場する一戦に、アメリカのメジャーリーグのスカウトマン達も集結しました。レッドソックスやレンジャーズら複数球団が視察しました。

みずほがLINEで残高確認開始

みずほ銀行が10月15日、LINEのトーク画面で銀行口座の残高確認や入出金明細を確認できるサービスを提供開始した。LINE上で口座紹介できる機能の提供は、国内の銀行で初めての取り組みとなるとのこと。
「LINEでかんたん残高照会サービス」は、みずほ銀行のLINE公式アカウントのトーク画面で専用スタンプを押すだけで即時に「残高」「入出金明細(直近10明細)」を確認できるサービス。みずほ銀行の口座を保有していれば誰でも利用可能で、サービスの初回登録を済ませ、専用スタンプをダウンロードすると利用できるそうだ。
スタンプは8種類で、銀行公式のハリネズミキャラ・ハリ田みず吉を使ったデザイン。サービスで機能するのは「残高照会」「入出金明細」「メニュー」の3種類で、残りは通常のコミュニケーション用となるという。みずほ銀行ではサービス開始を記念し、動画を見るとLINEコインが1コインもらえる期間限定企画や、サービスを利用すると抽選で最大2万円キャッシュバックされるキャンペーンなども実施中とのこと。
LINEで手軽に残高照会ができるのは便利だが、セキュリティ面は大丈夫なのだろうか…?

日本人のTwitter好きは“異常?開発拠点を日本に新設

「Twitter Japan」は、先月移転した新オフィスで事業戦略を発表した。
世界的に見ても「異常」なほどアクティブなユーザーが多い日本を重要な市場と捉えており、国内に開発拠点を開設して、ユーザーの動向を参照した新機能をリリースしていくとのこと。
アメリカのTwitterのジャック・ドーシーCEOは、ビデオメッセージで「サービス開始から10年、日本のユーザーがTwitterの成長をけん引してきた。今後開発拠点を日本に置き、さらにユーザーの満足度に貢献していきたい。」と改めて日本市場の重要性を強調した。
Twitter Japanの笹本裕代表は、「日本はバルスで最高秒間ツイート記録を持つなど、世界的にも「異常」なほどTwitterがよく利用されている。」本国の社員から「どうして日本人はこんなに利用するの?」と聞かれることもしばしばとのこと。
普及具合や、活用の幅など、あらゆる点で世界をリードしていると話した。
すでに一定の普及が進んでいる中、さらに攻めていきたいと意気込む。

小林幸子、今年もコミケでCD完売

演歌歌手の小林幸子が16日、東京・江東区の東京ビッグサイトで行われた世界最大規模の同人誌即売会「コミックマーケット88」に、昨年に引き続き参加した。
小林は昨年と同じ「5884組」(こばやしぐみ)の団体名で一般参加。この日のために用意した金魚柄の浴衣で自らブースに立ち、ミニアルバムCD「さちへんげ」の購入者に笑顔で対応したとのこと。
ブース前には小林幸子を一目見ようと長蛇の列ができた。昨年CD1500枚が2時間半で完売したため、今年は2500枚で臨んだが2時間40分で完売となった。
紅白歌合戦で大掛かりな衣装で登場することから「ラスボス」の愛称でネット上で人気を集めている小林幸子。ブースには若いファンが並び「生幸子に会えてよかったという若い方がいっぱいいた。『脳漿炸裂バーサン』という曲を発表したんですけど、半分以上の方が『最高です』と言ってくれる。台湾、香港、上海など外国の人もすごく多かったです」と新たなファンの存在を実感した。
演歌界でも小林の参加でコミケに興味を持つ人が増えたという。「演歌の人から『さっちゃんすごいね』とみんなに言われます。みんな興味あるみたいで『コミケって暑いんだってね』って聞かれます。長山洋子ちゃんなんかは『幸子さん、すごいね』とリスペクトしてくれる」とのこと。
ネット世代と演歌界をつなぐ架け橋となっている。来年のコミケ参加についても「来年も待ってますという人が多かったので、やった方がいいのかなとは思います」と意欲を見せた。61歳という年齢で夏コミのブースに立ち続ける体力は並大抵のものではないはず。くれぐれも無理せず来年も頑張ってほしい。